ジムVSパーソナル

パーソナルトレーニングジムとスポーツジムの違い

トレーニングをする場所として、一般にスポーツジムと言われる所とパーソナルトレーニングジムと言われる所は違うのでしょうか?

一般のスポーツジム

一般のスポーツジムと呼ばれるところには、大手の総合型スポーツクラブや公営のスポーツクラブなどがあります。プールがあったり、スタジオがあったりと、設備が充実していますので、スイミングやヨガなどもトレーニングの一環としてやりたいという方にはおすすめできます。自主的に器具をつかったりしてトレーニングすることもできます。

費用面では大手のジムの月会費が6,000円から10,000円程度で、個別にトレーニングを頼む際には1回につき、別途6,000円から10,000円程度とプラスされるというのが一般的。公営のジムの場合は、利用料が1回につき200円~600円程度と安いところが魅力。個別のトレーニング費用は大手ジムと同様ですが、パーソナルトレーニングのサービス自体がない場合がほとんど。 どちらの場合も、混んでいることが多く、マシンやスペースを独占できるわけではないので、平日の空いている時間帯でないと、なかなか効率良くトレーニングができないというデメリットがあります。

パーソナルトレーニングジム

一方パーソナルトレーニングジムは、個別のトレーニングに特化しているので、集中してトレーニングをすることができ、また、トレーナーも専門性が高い傾向があります。 パーソナルトレーニングジムにも、フロアに数組がトレーニングをできるような所と完全に個室になっている所があります。 自主的なトレーニングをすることはできませんが、その分、トレーナーと効率的なトレーニングをすることができます。

費用面では、パーソナルトレーニングが1レッスン8,000円~10,000円程度。完全な個室タイプでは、1レッスン8,000円~20,000円くらいと総合ジムより少し高めになります。 人の目を気にしないで良いこともありますが、自分だけで独占できることで、集中して目的に向かって効率を上げていけることが大きなメリットです。 トレーナーも“結果を出す”という意識が高いので、目標がはっきりしている人にはおすすめです。

完全個室型のパーソナルトレーニングジムは高額なところが多かったのですが、このところ、2ヶ月でも10万円前後という価格帯のところや、チケット制や1レッスンごと(8,000円から10,000円程度)のプランを設定しているところも出てきているので、パーソナルトレーニング=高額というイメージは変わりつつあり、スポーツジムとの差はあまりなくなっています。

費用対効果を考えれば、パーソナルトレーニングのほうが効率が良いと言えますね。

PAGE TOP